安全な道を通って避難しよう

安全であることを優先する

避難ルートを探す時は、安全であることを最も優先してください。
避難所に早く行かなければいけないと焦っていると、危険な道を通ってしまう人がいます。
しかし、危険な道を通ったことが原因で避難中にケガをする事故が起こっているので避けてください。
少し遠回りになっても良いので、安全な道を通ってください。
災害が起こってから、どこの道を通れば良いのか考えるのは遅いです。

事前に考えていないと、行動するのが遅くなってしまいます。
災害が起こって自宅にいられないと思ったら、すぐに避難しなければいけません。
判断が少しでも遅れると、命を落とす危険があります。
足の不自由な高齢者などがいる場合は、手助けをしながら避難してください。

動きやすい服装を準備しよう

避難する時は、動きやすい服装をしてください。
肌を露出しているとが、ガラスの破片が肌に刺さってしまう可能性があります。
長袖長ズボンだと、ケガを回避できるでしょう。
また履き慣れた運動靴で、非難してください。
急いでいると裸足で出てしまう人がいますが、危険なので絶対にしないでください。
手を守るために、軍手をするのが良い方法だと言われています。

頭を守れるように、ヘルメットもあれば良いですね。
それらは、玄関の近くに用意してください。
災害が起こって避難しなければいけない時に、押し入れの奥底から非難の服装を出していると間に合わなくなります。
玄関先に置いておけば、すぐに着用して家を出られるので、安全性が高まります。


▲ TOPへ戻る