災害が起こった時のことを考えよう

住宅の耐久性を調査する

大体、住宅が建設されてから10年ぐらいが経過すると劣化すると言われています。
築年数が10年を迎えたら、1回業者から詳しいチェックを受けてください。
業者は、専門的な知識を持っています。
災害に耐えられないと判断されたら、すぐに教えてくれるので補強工事を依頼してください。
素材によっては、10年以下で劣化してしまいます。

定期的にチェックすることを意識してください。
頻繁に見ていれば、自宅に変化が起こってもすぐ気づけます。
毎日確認していれば、わずかな変化にも自分で気づくことができるかもしれません。
内部から、異変が進むケースも見られます。
外見だけでなく、チェックする時は内側も念入りに調査すれば見逃がす心配はありません。

安い費用で抑える方法

補強工事をする時は、高額な価格になってしまうと思っている人がいます。
費用は、工事の規模によって変わります。
大規模な工事だと、費用も高額になりますが、小さな工事だったら少しの金額で済ませることができます。
安い費用で抑えるためには、早く補強工事を依頼することが重要です。
まだ大きな問題が起こっていない時に依頼することで、費用削減に効果を発揮できます。

すでに異変が起こっている時に補強工事を任せると、費用が大きくなりますし、工事の日数も長くなります。
メリットがないので、早く依頼することを心がけてください。
また補強工事は、信頼できる業者に任せてください。
腕前が信用できない業者では、工事を失敗してしまいます。


▲ TOPへ戻る