災害が起こった時のことを考えよう

自宅が建設されてから、どのくらいの年月が経過しているのか調べてください。 古い住宅は、劣化しているので災害が起こった時に崩壊しやすいです。 補強工事をしておくだけでも、安全性が向上します。 いつ災害が来るかわからないので、気になったら早めに依頼しましょう。

何を備えていれば良いのか

災害が起こった時に、あれを用意していれば良かったと後悔しても遅いです。 事前に、あった方が良いものを調べて準備してください。 水や食料は必須です。 また、簡易トイレなどもあった方が良いと言われます。 たくさんあるので、用意し忘れないよう注意しましょう。

古い住宅は注意しよう

住宅が老朽化していると、災害が起こった時にすぐ壊れてしまいます。
新築の住宅ならまだ丈夫なので、心配はいらないと思いますが、建設されてから数年が経過しているなら少し心配です。
外見に異変が起こっていなくても、内部に問題が起こっていることがあります。
自分で判断するのが難しいと思ったら、業者にまずは点検を依頼しましょう。
問題があると言われたら、すぐ補強工事をしてください。
工事を済ませていれば、災害が起こっても簡単にくずれることはありません。

災害が起こった時に使う、防災グッズも用意しておきましょう。
非常食や、簡易トイレなどを揃えてください。
避難生活が何日続くかわかりませんが、最低でも3日分の用意が必要だと言われます。
あまり防災グッズが多くなると、持って行くのが大変になります。
自宅にいられなくなって、避難所で生活を送るかもしれません。
避難することになったら、すぐ持って行けるよう防災グッズをまとめておきましょう。

避難する時に、どのルートを通って行けば良いのか事前にチェックすることも大事です。
いつも通っている道が、災害の影響で通れなくなる可能性があります。
早く避難所に行くことは重要ですが、安全に通れる道を選択してください。
また、避難する時は靴を履いてください。
外はガラスなどが飛び散っていることが考えられます。
サンダルなど、足がむき出しの靴ではケガをします。
履き慣れた運動靴などを履いて、足を保護してください。

おすすめリンク

安全な道を通って避難しよう

前もって避難ルートを知ることは大事です。 安全な道を通って、避難所まで行ってください。 同時に、避難する時の服装も知りましょう。 動きやすい格好で行くことが重要ですし、ケガをしない対策も心がけてください。 おすすめの服装があるので、玄関に準備するのが良い方法です。

▲ TOPへ戻る